アプリで出会いがあると思えない人にこそ伝授する、理想の恋人の見つけ方

欠点を利点に変える

交際するなら日本人ではなく外国人が良いと思っていても、出会う機会がないという人もいるのではないでしょうか。仕事が忙しくて外国人の恋人を作るどころか、恋愛そのものに全く縁がないという人もいるようです。

外国人と出会う機会もなく、しかも婚期を逃しており、もはや仕事に生きるしかないと諦めている人でも、本気で手に入れたいと願うならば「出会い」に巡り合うことは可能なのです。仕事でも外国の人と知り合う機会などなく、外国人会員が多い結婚相談所に登録しても初対面の人とあまり上手く離しができないという人は、出会いを求めるアプリに登録するのも良いのではないでしょうか。

アプリに登録すると、まずプロフィールを作成しますが、実は、仕事ばかりで恋をする余裕がなかったという欠点も外交人にとってはその人の利点と捕らえることが非常によくあるそうです。特に女性の場合は親戚や親に「いつ結婚するの」「この年になったらお見合いもできなくなる」と小言を言われることがありますが、外国人にとっては、そのような人は、自立していて経済的にもきちんと独立している人に映り、魅力を感じるようです。

また、アプリには年齢も記載しなければなりませんが、結婚適齢期という概念よりも、人に依存しない、独立している人に尊敬の念を抱くようです。最近は日本でも男尊女卑という風潮はなくなってきてはいますが、それでも、結婚適齢期という言葉が耳を突いたり、女性が男性と対等に仕事をしたりすることを嫌う文化がまだ残っているのも事実です。

しかし、海外では男性も女性も対等な立場で仕事をすることが魅力的だと感じる人が多いようです。これまで欠点と思っていた部分が利点になると、自分にも自信が持てるはずです。

アプリを利用するといきなり会って話をするのではなく、アプリ内のメールで先にコミュニケーションを取ることができるので、信頼できる相手かどうかをそこで見極めることができます。自分に自信を持ってから会えるというのはお互いにとっても非常に良いことであり、おすすめです。

仕事を頑張ってきたという事実を、婚期が遅れるという評価ではなく、正当に評価してもらえるということは素敵なことではないでしょうか。